北條寺

北条義時夫妻の墓所 ロウバイと白いヒガンバナの名所
 鎌倉幕府創立に功があった北条時政の息子、義時が創建した寺です。義時の嫡子が大蛇に襲われ命を失った時、七堂伽藍を建立し、仏殿の阿弥陀如来像を運慶に命じ作らせました。また、観世音菩薩像は中国宋風の仏像であり、鎌倉極楽寺にあったものを北条政子が北條寺に奉納したと伝えられています。寺宝は、北条政子が中国に制作させた牡丹鳥獣文繍帳三帳があり、境内には義時夫妻の墓があります。
 
 
 (仏像と文繍帳は個人の場合通常非公開。団体は要相談)

アクセス・パーキング

徒歩:韮山駅から徒歩25分。

公共交通機関:三島駅から伊豆箱根鉄道駿豆線に乗車、韮山駅で下車。韮山駅からは伊豆箱根バス「千代田団地行き」に乗車約10分「江間公園入口」又は「江間」下車、徒歩5分。

タクシー:韮山駅より5分。


料金


営業時間


定休日

不定期
※法要などにより拝観できない日があります。


インフォメーション・フォト

山門から

本堂と白いヒガンバナ

パンフレットです(画像拡大でクリック)
実際は3つ折りのものです

 

PDFファイルはこちらです

 

見る・遊ぶ

PAGETOP
Copyright © 伊豆の国市観光協会 All Rights Reserved.