■運慶作諸仏(木造阿弥陀如来坐像・木造不動明王像・童子立像(2体)・木造毘沙門天立像 計5体)が、平成25年6月19日付の官報で国宝となることが告示されました。『彫刻』では中部地方初の国宝指定です!!

国の文化審議会は、伊豆の国市寺家(じけ)の願成就院(がんじょうじゅいん)に安置されている運慶作諸仏(木造阿弥陀如来坐像・木造不動明王像・童子立像(2体)・木造毘沙門天立像 計5体)を、2月27日(水)に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、文部科学大臣に対して、国宝・重要文化財等の指定について答申を行いました。
願成就院にある運慶作諸仏が、国宝に指定されれば、『彫刻』では中部地方初の国宝指定になります。
また、伊豆の国市韮山の(財)江川文庫の韮山代官江川家関係資料38,581点と江川家関係写真461点の計2件の重要文化財指定の答申も行いました。

■願成就院についてはこちらをご覧下さい(伊豆の国市観光協会HP)
※東京国立博物館にて特別展示されておりました「木造不動明王及二童子立像」は5月11日現在、願成就院へ戻ってきています。現在、国宝に答申された運慶作の諸仏5体を願成就院で見ることが出来ます。

■江川邸についてはこちらをご覧下さい(重要文化財江川邸HP)

■伊豆の国市HPにも記載がありますこちらをご覧下さい(伊豆の国市HP)

このたび国宝・重要文化財に答申された、願成就院・江川邸の両方を巡ることが出来る、「伊豆の国頼朝サイクリング・ウォーキングラリー」マップあります。
詳しくはこちらをご覧ください

願成就院・江川邸めぐりに便利な、伊豆の国レンタサイクル(狩野川ベロ)も好評です。
詳しくはこちらをご覧ください(狩野川ベロ公式HP)