※このシンポジウムは終了致しました。

さて、伊豆の国市観光協会では、今週末11月25日、下記のとおり景観に関するシンポジウムを行います。テーマは「世界遺産、ジオパーク、アグリツーリズモ、京都町家、景観法」など多岐にわたります。

京都府立大学教授で、ユネスコ諮問機関・日本イコモス理事、日本風景街道近畿地区研究会委員長を務めております宗田好史氏による基調講演では、九州山口の近代産業遺産における景観のお話も予定しております。その他にも、天城ミュージアムプロデューサー飯島寛也氏、ジオパーク事務局鈴木雄介氏、グラフィックデザイナー木村美穂氏をお迎えしての講演やパネルディスカッションを予定しております。
参加無料ですので皆様ぜひご参加下さい。 

 

□主旨    狩野川流域、伊豆の国市の景観について考える。
□主催    (社)伊豆の国市観光協会
□後援    静岡県、伊豆の国市
□日時    平成24年11月25日(日)午後1時~4時30分
□場所    あやめ会館多目的ホール 伊豆の国市長岡346-1
□参加費   無料

□基調講演 「美しい伊豆の国づくり」 京都府立大学 宗田好史氏
□パネルディスカッション
       テーマ 「世界遺産、ジオパーク、アグリツーリズモ、京都町家、温泉場、景観法・・・」

・パネリスト 
・宗田好史 京都府立大学教授
・飯島寛也 天城ミュージアム プロデューサー
・鈴木雄介 伊豆半島ジオパーク協議会 事務局
・木村美穂 グラフィックデザイナー 元伊豆の国市観光プロデューサー
コーディネーター
・ (社)伊豆の国市観光協会 景観探偵団 団長

■お問合せ 伊豆の国市観光協会事務局TEL055-948-0304