奥沼津アルプス・沼津アルプス縦走(またはトレラン)

  • HOME »
  • 奥沼津アルプス・沼津アルプス縦走(またはトレラン)

先ほど「奥沼津アルプスについて聞きたい」という電話がありました。
あのエリアは伊豆の国市・函南町・沼津市にまたがっているため、逆に連携をきちんとしないと一つの行政が地図を作りづらい地域なのだと思います。ですので地図らしい地図がないのだと思います。
お勧めはある方のこのヤマレコ(レポート)です。

ここから下に私がかつて奥沼津から沼津アルプス全部を走った時の写真を時間系列に沿って列挙します。
(勾配がきついとかそういうことはあまり書きません。ただ、淡々と写真と一言コメント、みたいな感じです)

また、これはトレッキングではなく「ランニング」をしてますので、時間についてはまったく参考になら無いと思います。標準だと、休憩抜きで8時間(香貫山下山くらいまで)だそうです。

 

ではスタート。

なんと登り始めのスタート時刻11時35分です。山を登る(走る)には遅すぎるスタートです。
これで本当に香貫山までいけるのでしょうか。

原木駅から石堂橋を渡ってちょっと左に進んだところに入口があります。
藪みたいなところを進んでいきます。両側から木が(笹?)が覆い被さっていてトンネルのようになっていました。

11時45分
茶臼山山頂 128mだそうです。

こんなところを進みます。

日守山山頂手前。ですので、原木駅行きの参考時間が出てます。
40~50分だそうです。ちなみに私は・・・


はい、ここが大嵐山(日守山)山頂広場への入口。
柵をくぐって山頂へ出ます。
12時01分。約15分ほど。
さっきの日守山→石堂橋登山口が下りで40~50分が標準と考えると、登りでこれですから時間は(走る人はのぞいて)全く参考にならないことがわかります。

広場に出たところにあった看板。暗くて分かりづらいですが「大平山はこちら」的なやつです。ここで景色を一切見ずに大平山に向かう人はいないと思いますが、わからなくなったらここに一旦戻るのもありでしょうか。

さっきくぐった柵を逆側から見たところ。日守山から石堂橋登山口へ下る場合はここをくぐります。

その足下にはこんな看板が。

日守山山頂からの眺望です。この日は富士山がよく見えていました。
ここには無料の望遠鏡(よく100円入れて見るやつの無料版)があり、楽しいです。
昔はローラースライダーなどもあったのですが(どうやって設置したのやら)今は撤去されてしまいました。ベンチとテーブルはいくつかあります。トイレはありません。
(僕はいちどどうしても用を足したくてしかたなく日守山から一度下山して麓の公衆トイレを利用し再度登って続きを行ったことがあります。日守山の麓には駐車場もあります)

再び出発。富士山が見える方向と逆方向にどんどん進みます。すると・・

こんなところにぶつかります。この柵の隙間から出発。
時刻は
12時21分ですから20分くらいの休憩です。

江間分岐。江間横穴群まで下り10分くらい、と出てますね。

これはさっきの写真と同じ看板を別の角度から撮ったもの。

この看板、まん中に「見晴らし場所」と書いてます。ということはきっとここはそれなりに見晴らしが良いのでしょう(記憶にない)。

これでした(撮影時間からここが見晴らし場所と特定)。
見晴らしいいですね。江間方面でしょうか。

この看板拡大するとわかりますが、現在地がまん中。ただ、自分たちが通ってきた場所がこの左側からの長い線ではありませんで・・上からの短い線です。
ここで間違えて新城バス停へ降りないように注意したいところ。

新城方面へはこちら

非常に読みにくいですが、要するに「無断で梯子を交換させて頂きました」という内容です。相当傷んでいてどうにもならなかったのでしょう。

これが梯子です。ここを下ります。

ここは気をつけて頂きたいところ。
奥沼津アルプスでもっともハードなのが、この「日守山~大平山」間です。

開けている場所がありました。富士山がよく見えます。

山口道への分岐です。

開けてます

大平山山頂に着きました!
時刻:13時22分
ですから、日守山から1時間です(ここはそんなに走れてないかも)。

山頂からの眺望はあまりよくありません。淡島が見えますね。

13時26分に大平山を出発。ここからは沼津アルプス

大平山山頂からおよそ3~5分。富士山はこちら、だそうです。

見てみたら確かに富士山。

多比口峠に着きました。13時31分。

同じ看板。角度を変えて。ここから海にも反対側にも降りられます。

さっきの看板にも沼津アルプスのハイライトウバメガシの岩尾根って書いてありました。

これがそれ(ウバメガシの岩尾根)です。

やせ尾根です。この通りちょっと足を滑らすと大変なことに。

 

13時46分 多比峠につきました。 ここから鷲頭山まで12分だそうです。

13時59分。鷲頭山山頂。さっきの表示の通りの時間がかかっています。ということは走れてないようです。きつかったのか。
ここは眺望が良いです。沼津アルプスだと一番高い山です。

 

14時09分 小鷲頭山です。

 

牛臥山や沼津港もよく見えます。

中将さんの由来

志下峠につきました。(14時18分)

 

きらら展望台です。★はいったいなんなのか。謎です。

良い景色です!

14時23分 馬込峠着。
ここから大平地区の御前帰 というところに降りられる模様。
沼津アルプスはエスケープルートがたくさんあるのがいいですね。
これでも「猪のヌタ場」って書いてあります。看板にそう書いちゃうくらいなんだけど、行っても大丈夫かな(安全面で)

奥駿河パノラマ台 だそうです。 正面はこれ西郷島かな?大瀬崎までよく見えてますね。

うわー。この看板は見えないぞ。
志下山 です。
14時27分

さざなみ展望台 だそうです。

 

ここからの景色もいいですねー。

ここまでがそのさざなみ展望台です。

そこから2分ほど北へ移動したところ。

 

14時31分 志下坂峠着です。

ここからも志下(海側)や大平大井(東側)に降りられるようです。

徳倉山は香貫(下香貫?)の方から見るとわかるのですが、象のような形をしてるんです。北行きだとその尻の部分から頭に向かって進む感じです。だから「象の背282m」なんていう看板があるわけですが、ここがどこを指してるのかイマイチわかりません。多分頭・背中・尻、だとすると、まん中(背中)のところじゃないかと。

しおみち広場の由来だそうです。

枝が邪魔で眺望はいまいち。

馬頭観音だそうです。

機関銃座跡地

対空壕

説明

香貫台分岐
14時48分。香貫台というのは山を一つ使った分譲住宅地です。

ここを下ると塩満へ、という説明。

14時52分 徳倉山山頂です(象の頭の部分だと思う)
この標識にもある通り、ここから横山へは鎖場が!

お!富士山が見えた。

富士山が! 撮影した時間のデータからすると徳倉さん山頂からの眺望のようです。手前は愛鷹山。
沼津は場所によっては本当に愛鷹山が邪魔をしてしまいます(沼津港近くの港大橋からの富士山なんかもそうです)

地元の人の中には初日の出をここから見る人も結構います。

鎖場です。沼津アルプスは低山だと思ってなめてかかると本当に大変です!特に横山~徳倉山。

横山峠 15時03分着
沼商あたりに降りるにはこちらへどうぞ的な看板

あと2山!

ロープがあります。

横山山頂。ここも眺望は×です。
15時30分着。 横山峠から約30分かけてやっと山頂です。

ここから八重坂へ。香貫山に登る前に一度車道にでるのですがそのあたりが八重坂です。
つまりほぼ一山下りきってまた(香貫山へ)登り返す、ということになります。
標識の「急坂・ロープあり」っていうのが・・・。

八重坂峠に着きました。15時37分。ということはさっきの横山山頂からたった7分です。急坂ロープあり、とはいっても下りだから走って下ったからだと思われます。標識の通り、ここをひたすらまっすぐ行けば沼津港につけます。

看板が暗いですねすいません。

香貫山に入りました。コースの説明。香貫山は本当に迷いやすいです。いや遭難はしないんですが蜘蛛の巣のように登山道が張り巡らされているので。

山頂に着きました。
16時24分です。これなんですが多分迷ってますねこれ。八重坂峠15時37分で山頂16時24分ですから。途中展望台に寄ったわけでも無いのに(このあと寄ります)

山頂です。実は香貫山山頂ってすごい地味なんですよ。広場が無い。

展望台ですかね。暗い。

展望台ですねどう見ても。富士山見えます。やっぱりこの香貫山からでもだいぶ愛鷹山で隠れてしまいますね>富士山
この時16時28分ですから、山頂からわずか4分で展望台に移動してきたことになります。下りだからかな。

沼津の町一望。まん中手前の大きな建物がこれ、市民文化文化センター。橋は三園橋ですね。

南を見れば先ほど走って来た鷲頭山なんかが見えます。海には淡島

淡島拡大図。

写真はここまでです。

奥沼津アルプス~香貫山山頂(と展望台)まで一気でしたが、どうやらいちおう明るいうちに下れたと思われます。
2月12日ですからまだ日も短いし、本当はもっと余裕を持った行程が望ましいです。
登り始めが11時35分というのが致命的です。

ということで、本当に長くなりましたが少しでも参考になれば、と思います。

なお、奥沼津アルプスについては伊豆の国市も入っていますので伊豆の国市観光協会へのお問合せでもいいかもしれませんが、沼津アルプスのことは沼津の観光戦略課(行政)におたずねするのがいいと思います。

また、沼津アルプスについてはウェブ上にも本当にいろいろな情報が出てますし、
例えばこれとか。
この記事(5山7峠 沼津アルプス縦走には山の楽しさが詰まっている)もわかりやすくて読んでいて楽しいです。

確か沼津市さんがいい地図を作ったはずです(2018年に)。

本当に長くなりました。それでは!

 

 

 

 

TEL 055-948-0304 静岡県伊豆の国市古奈255

PAGETOP
Copyright © 伊豆の国市観光協会 All Rights Reserved.