伊豆長岡芸能事業協同組合
・〒410-2211
・住所:伊豆の国市長岡1037
・電話:055-947-1355
携帯・スマホ用QRコード
QRコード
外国語(翻訳)

伊豆長岡見番

伊豆長岡芸能事業協同組合

伊豆長岡芸能事業協同組合
伊豆長岡温泉は「長岡」「古奈」地区に分かれており、特に古奈地区の歴史は古く、鎌倉時代の文献「吾妻鏡」にも記述が残されています。

長岡地区は明治40年に採掘された温泉地で、初めて旅館ができたのは、明治43年のことです。

当時は古奈と長岡に芸者置屋があり、その2つを束ね現在の伊豆長岡見番が誕生しました。

初代の組合長、林秀蔵から現在の組合長、笠谷さざ子で7代目となり、歴史を重ねています。

大正から戦後にかけ、伊豆長岡の芸者置屋は数を増やし、その置屋に所属する芸者衆は400人を超えたと言われます。

伊豆長岡見番では、芸者に欠かすことの出来ない芸事に磨きをかける場として公認伊豆長岡芸妓学校を設立しました。

この芸妓学校は京都と伊豆長岡にしかない希少なものでした。

残念ながら、昭和62年、濱村学校長退任を機に廃校となりました。

しかし、現在でも日本舞踊をはじめとして、民謡、三味線、鳴物はお師匠様に出向いて頂き、稽古に勤しんでおります。

伊豆長岡見番の正式名称は「伊豆長岡芸能事業協同組合」で、昭和52年に協同組合として発足しました。

見番(伊豆長岡芸能事業協同組合)の場所


より大きな地図で 伊豆長岡芸能事業協同組合 を表示

交通アクセスー自動車利用

東名、新東名高速・伊豆縦貫道利用 約2時間

①新東名ルート(長泉沼津IC)
東京⇒(東名1時間)⇒御殿場JCT(新東名15分)⇒長泉沼津IC⇒伊豆縦貫道+伊豆中央道:有料(25分)⇒伊豆長岡温泉

②東名ルート(沼津IC)
東京⇒(東名1時間15分)⇒沼津IC⇒国道1号+国道136号(45分)⇒伊豆長岡温泉

●所要時間:東名、新東名高速・伊豆縦貫道利用 約1時間半~
詳しくは、NEXCO 中日本HPをご覧ください。

鉄道利用

新幹線ひかり利用
●所要時間: 新幹線ひかり利用 約1時間15分、 新幹線こだま利用 約1時間30分


JR特急踊り子号利用の場合
●所要時間: 約2時間(JR特急踊り子号利用の場合)


小田急線急行利用
●所要時間: 小田急線急行利用 約3時間、 小田急線ロマンスカー利用 約2時間30分
詳しくは、JR東海HPJR東日本HP小田急線HPをご覧ください。

高速バス利用

東海バス 伊豆長岡・修善寺温泉ライナー 約2時間10分
●所要時間: 東海バス 伊豆長岡・修善寺温泉ライナー 約2時間10分
詳しくは、東海バスHPをご覧ください。