狂言について(仮置き場)

  • HOME »
  • 狂言について(仮置き場)

 

静岡デスティネーションキャンペーン アフターDC 特別企画

 

三養荘で楽しむ 狂言の世界

内容

狂言「仏師」を題材に、観賞のコツを学び、また、狂言の姿勢・発声などの所作や感情表現などを体験して狂言の世界を楽しんでいただく特別企画です。

 

演目紹介「仏師」

新しく堂を建立した田舎者が、安置する仏像を買い求めようと都へ行く。仏師を探し求めているところへ、あらわれた都のすっぱ(シテ・詐欺師)が「自分は仏師である。仏像は翌日までにできあがる」という。田舎者が翌日たずねると、確かに仏像はできあがっていたが・・・。

 

 

善竹 十郎(ぜんちく じゅうろう)

大蔵流狂言師

重要無形文化財総合指定保持者

昭和19年大阪市生まれ。故善竹圭五郎の長男。

父及び、祖父故善竹彌五郎(狂言師として最初の人間国宝)、大蔵流24世宗家故大藏彌右衛門(伯父)に師事。

(公社)能楽協会理事。

(一社)日本能楽会会員。

昭和58年芸術選奨文部大臣新人賞・平成5年大阪文化祭賞受賞、

早稲田大学政経学部卒。

早稲田大学エクステンションセンター・桐朋学園芸術短大・昭和音楽大学講師。

東都医療大学客員教授。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

善竹大二郎 先生

御紹介

狂言師 大蔵 流 狂言方 昭和56年 生。 重要無形文化 財総合指定保持者である善竹十郎の次男。 父十郎及び故 善竹圭五郎に師事。 5歳にて「靱(うつぼ)猿(さる)」の子猿役で初舞台。「三番三(さんばそう)」「那須語(なすのかたり)」「釣(つり)狐(ぎつね)」を披らく。駒沢大学文学部卒。その他、ブラジル、ウルグアイ、ベネズエラ、ポルトガル、デンマーク、イスラエル等、海外公演も多数出演。

 

TEL 055-948-0304 静岡県伊豆の国市古奈255

PAGETOP
Copyright © 伊豆の国市観光協会 All Rights Reserved.