願成就院

奥州攻め戦勝祈願の寺 平安時代に運慶が造った諸仏像を安置
国指定史跡。1189(文治5)年、源頼朝の奥州攻めの成功を祈って、北条時政が建立した寺であるが、北条 氏の氏寺的性格を強く持っていた。その後子どもの義時や孫の泰時によって堂塔が整備され、壮大な寺院となっていった。戦火にあって堂宇は失われたが、発掘 調査で大御堂・南新御堂・南塔・池畔などの跡が明らかになっている。

寺には1186(文治2)年、運慶が30代の時に造った阿弥陀如来・ 毘沙門天・不動三尊と、その胎内銘札(いずれも国指定重要文化財)や北条政子の7回忌に造られた政子地蔵、本堂の阿弥陀如来像(ともに県指定文化財)など 多くの寺宝が伝えられている。境内には北条時政の墓・足利茶々丸の墓・茶々丸首洗いの池などがある。

※国の文化審議会は、伊豆の国市寺家 (じけ)の願成就院(がんじょうじゅいん)に安置されている運慶作諸仏(木造阿弥陀如来坐像・木造不動明王像・童子立像(2体)・木造毘沙門天立像 計5体)を、平成25年2月27日(水)に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、文部科学大臣に対して、国宝・重要文化財等の指定について 答申を行いました。
結果、願成就院にある運慶作諸仏は国宝に指定され、『彫刻』では中部地方初の国宝指定となりました。

 

アクセス・パーキング


料金

・入館料/400円


営業時間

10:00~16:00


定休日

・毎週火曜・水曜日 ただし祝日と重なる場合は開館
※法要等寺院の行事により入館できない場合があります、詳しくはお問い合わせ下さい 


インフォメーション&フォト

 P1010616-thumb-230x172-3210  P1010618-thumb-230x172-3213

P1010614-thumb-230x172-3207  宝-thumb-230x104-3216

見る・遊ぶ

PAGETOP
Copyright © 伊豆の国市観光協会 All Rights Reserved.