真珠院

頼朝との悲恋の人八重姫の寺
中世に始まる曹洞禅林としての真珠院は、歴代の住僧たちによって、近隣の寺を末寺として取り込み壮大な寺院 に発展しました。山門を入ってすぐ右側には八重姫(静姫)の供養堂があります。伝承によれば、頼朝のあとを慕って伊東から山を越え北条館を訪れた八重姫 は、頼朝の心変わりを知り、この寺の前にある真珠ケ渕に身を投じて果てたといいます。堂の前には「せめて梯子があれば姫を助けられたものを」という里人の 思いから、今もミニ梯子が奉納されています。境内には1302(正安4)年銘の定仙大和尚塔、1335(建武2)年銘の宝篋院塔と五輪塔、1363(貞治 2)年銘の阿弥陀如来磨崖仏(いずれも町指定文化財)が残されています。
 

アクセス・パーキング


料金


営業時間


定休日


インフォメーション&フォト

 shinjuin-thumb-230x172-3614

見る・遊ぶ

PAGETOP
Copyright © 伊豆の国市観光協会 All Rights Reserved.