江川邸

国指定史跡「韮山役所」の中にあり、国指定重要文化財
主屋は単層入母屋造りの壮大な建物で、「小屋組づくり」と呼ばれる幾何学的な屋根裏の木組みは、今日でいう 免震構造になっています。三和土の土間には立ち木をそのまま柱にしたと伝えられる「生き柱」や、日蓮直筆の「火伏せの護符」を納めた棟札箱が見られます。 これまで一度も火災にあっていないことから、文書類・書画・武具を始めとする様々な品が残っており、その一部は屋内に展示されています。

江 川家は42代・900年続く大和源氏の末裔で、江戸時代には旗本として11代273年間、天領伊豆の代官を務めました。歴代の代官はいずれも治安維持と民 政に意を注ぎ、百姓一揆は一度も起きていません。特に36代江川太郎左衛門(坦庵)は名代官として知られ、海防の必要性から沿岸測量、韮山反射炉やお台場 の建設、わが国最初の様式帆船建造や種痘の実施、パン製造など多大な業績を残しました。邸内には「パン祖の碑」が立てられています。

 

アクセス・パーキング


料金

・入場料/一般500円、小・中学生300円
・郷土史料館との共通券(一般600円、小・中学生350円)


営業時間

9:00~16:30(受付 16:15まで)但し、水曜日は10:00~15:00までの短縮開邸となります。


定休日

・年末年始(12/31~1/1)
・第三水曜日



インフォメーション&フォト

0125-thumb-230x153-3182  1220-thumb-230x153-3185

1283-thumb-230x153-3188  P1000593-thumb-230x172-3203

見る・遊ぶ

PAGETOP
Copyright © 伊豆の国市観光協会 All Rights Reserved.