伝堀越御所跡

室町幕府の出張所
守山北麓一帯は北条氏の屋敷でしたが、室町幕府によって、その跡に堀越御所が構築されました。
応仁の乱や慈照寺銀閣の建立で有名な室町幕府8代将軍足利義政は、為長禄元年(1457)、関東を治めるために、京都の天龍寺にいた兄弟の政知を還俗させて伊豆の韮山に下向させました。延徳3年(1491) に政知が病死すると、その子茶々丸が堀越公方と名乗りましたが、屋敷内が相続問題でもめている中、伊勢宗瑞(北条早雲)に攻め込まれ、33年間続いた御所は亡んでしまいました。足利茶々丸の墓は、願成就院にあります。
 
現地からは豪華な池跡や井戸跡、鉄釘、貨幣、白磁や青磁の陶磁器類などが発見され、都風の屋敷であったことがわかっています。現在は芝生広場となっています。
 

アクセス・パーキング

伊豆箱根鉄道「韮山駅」下車、徒歩15分。
国道136号線から韮山北条簡易郵便局の横を入る。


料金


営業時間


定休日


インフォメーション&フォト

 Exif_JPEG_PICTURE

見る・遊ぶ

PAGETOP
Copyright © 伊豆の国市観光協会 All Rights Reserved.