パン祖のパン、カノンパン

日本初の兵糧パン
幕末の頃、伊豆韮山代官江川太郎左衛門は、ヨーロッパ軍隊の研究を重ね、保存食としてパンを日本で初めて焼きました。
「パン祖のパン」は、1842年(天保13年)に焼かれた兵糧パンを再現したもので、「カノンパン」はそれを棒状にアレンジし、ほどよいかたさにしたものです。
かたい歯ごたえと、当時の食文化を体験してみては?

市内各所にて販売。主な販売店:蔵屋鳴沢、他

 

施設名:市内各所(蔵屋鳴沢、他)
住 所:
T E L :
F A X :
E-mail:
H P :

アクセス・パーキング


料金

パン祖のパン ¥600


営業時間


定休日


おすすめ商品

1760-thumb-230x345-2244 1769-thumb-230x153-2253

1756-thumb-230x345-2247 1762-thumb-230x345-2250


インフォメーション&フォト
 
PAGETOP
Copyright © 伊豆の国市観光協会 All Rights Reserved.